30何歳サラリーマンの副業せどり実践記です。 月10万円位なら、副業でも誰でも、家から一歩も出なくても稼げます!あとは経理とか、転職の話とか。

youlog.ようろぐ。

せどり仕入れ

せどりの登竜門、全頭検索。ビームは必須?

更新日:

せどり 全頭検索

 

(前回までのあらすじ)

せどりのキモは・・・「仕入れ」

仕入れのキモは・・・「まずは全頭検索」!!

 

ということで、全頭検索のキモは?って流れになるわけですが、「全頭検索」って言葉自体、せどりをやったことがないと聞かないですよね。(ググればすぐに分かりますが、一応。)

 

要するに、「店の商品を棚の端から端まで、片っ端から調べていくこと」ですが、どうやって調べたらいいんだ?と誰もが最初に思います。

 

そもそも、何を調べるかと言えば、「どの商品を仕入れたら、利益が出るか」ですよね。

 

スポンサーリンク

仕入れ対象を判断するために使用するサイト

 

それを調べられるのが、

 

①モノレート

http://mnrate.com/

 

②Amafee

http://amafee.com/

 

というサイトです。

 

これらのサイトについては他ブログでいくらでも解説しているので、ここでは割愛しますが、

 

①モノレートでamazonでの売れ行き、販売価格の相場をチェックし、

②Amafeeで損益分岐点を見る。

 

というのが使い方ですね。

そうやって、仕入対象を判断するわけです。

(いずれ完全初心者用の記事もまとめて書こうと思います)

 

ここまでは、やり方に個人差はありません。(他の類似のサイトを使う、とかはありますが)

ここから先が、大きく2つに分かれます。

 

1.ビームせどり派

2.携帯サーチ派

 

に分かれるんです。

 

 

ビームせどり派

 

まずビームせどり派ですが、せどり業界で「ビーム」と言えば、「バーコードリーダー」のことを指します。

 

こういうやつですね↓↓

 

 

こういう機械でバーコードを読み取って、無線でスマホに飛ばして、その場で仕入れ対象かどうか判断していくわけですね。

 

この方法のメリットは、とにかく作業量をこなすことができます。

 

デメリットは、周りの目が気になること。

あとは・・・下手したら店から、出禁を喰らい易いこと(笑)

 

だって、上手くやらないとこれ、不審者そのものですからね。

 

店側からしたら、商品のバーコードを片っ端から読み取って、携帯チラチラ見て、ときどきカゴに入れていく。

明らかに普通のお客さんじゃないですよね。特に初心者はキョドりまくりです(笑)

 

今は「せどらー」も大分認知されているので、対応は店により様々です。

 

見つけ次第、注意する店。

何回も通っているヤツは、注意する店。

全くの黙認とする店。

 

「転売目的での購入はお断りします」と、案内が出ている店も増えてきました。

 

一昔前は、「BOOKOFFでの全頭ビームせどり」が非常に有効であったようですが、どんどん対応が厳しくなっています。

 

未だ有効な方法の一つである、とは思いますが、少しずつ、時代に合わなくなっていくだろうな、と思います。

 

この方法をやる場合は、ビーム黙認の仕入場所を、どれだけ見つけられるか。これが鍵になります。

 

私自身、上記の理由からビームせどりはやってません。

 

だって、何か嫌じゃないですか。

後ろめたいことしてるようで。

 

「稼ぐために、なりふり構わない」というのも大切だとは思いますが、そういうことじゃないかなあ、、、と。

 

普通の感覚で考えれば、店の商品にバーコードリーダー当てて、何か読み取ってる客って・・・やっぱり異常ですよ。

 

というわけで、私としてはビームせどりは有効な手段の一つだとは思いますが、あまり好きにはなれません。

 

次回は携帯サーチ法について、

書いていきたいと思います!!

 

 

スポンサーリンク

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-せどり仕入れ

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.