せどりの確定申告

せどりの確定申告② 会計ソフトは難しい?まずは使ってみましょう!

更新日:

せどり 確定申告

 

 

何となく敷居の高そうな、「会計ソフト」ですが、それも一昔前の話。

 

今は一般の人でも、直感的に操作できるものが増えています。

 

「個人事業主の会計ソフト」といえば、数年前までは「弥生会計」であり、これはこれで使いやすいソフトだと思います。

 

しかし、急激な勢いでそのシェアを奪っているソフトが、こいつです。

 

jumbotron-logo@2x

https://www.freee.co.jp/wp-content/themes/freee/images/lp/jumbotron-logo@2x.png

 

 

 

「freee」という、クラウド型の会計ソフトです。

 

クラウドとか聞くと難しそうですが、とってもカンタンです。

 

今までの弥生会計とかは、パソコンにソフトをインストールして、使用するには「そのインストールしたパソコン」を起動する必要がありましたよね。

 

 

クラウド型というのは、インターネット上に、その「インストールしたパソコン」があるようなイメージです。

 

 

会員サイトみたいなものをイメージしても、良いと思います。

 

 

IDとパスワードを入力して認証しないと、使用することができない、というヤツですね。

 

 

「インターネット上に、自分の帳簿データを置くの?なんか危なくない?」

 

そんな印象を持つ方も、結構いると思いますが・・・。

 

大企業だって、普通にやっていることですよ。

 

それがダメというなら、ネットショッピングだってできない理屈になります。

 

帳簿をネット上でつける。何が危ないんでしょうか?データ漏洩の可能性は0ではないかもしれませんが・・支払いが一切、介在しないんですから。

先入観は取っ払って欲しいと思います。

 

 

それでこの「freee」、何が使えるかと言うと、銀行やクレジットカードの明細と連動でき、それらを直接、帳簿につけることができます。

 

 

「〇月〇日 支出 10,000円」

 

こんな明細があったとしたら、これに「商品仕入」などの科目を付けてやり、登録するだけで、取引の記帳ができてしまうんです。

 

 

さらに、スマホでの操作感もバツグンです!

 

極端なことを言えば、銀行明細とクレジットカードの明細を「freee」に連動させれば、あとは寝っ転がってスマホをいじってるだけで、確定申告書の作成は90%は終わります。

 

 

パソコンに向かって、銀行明細、クレジットカード明細と格闘しながら、1件1件、取引を記帳していく。

 

そんな作業と比べたら、雲泥の差です。

 

だって、「〇月〇日 支出 10,000円」とか、半分は記帳してくれているようなものですから。

現金で購入したレシートが沢山、という方は、その分は自分で入力しないとダメですけどね。

 

 

想像以上に記帳がラクになると思うので、是非試してみてください。

 

まずは無料会員登録もできます。

試して良ければ、月980円の有料会員に移行すれば良いと思います。

 

自信を持ってオススメする、数少ないツールです!!

 

youchin

 

 

 

スポンサーリンク

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-せどりの確定申告

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.