30何歳サラリーマンの副業せどり実践記です。 月10万円位なら、副業でも誰でも、家から一歩も出なくても稼げます!あとは経理とか、転職の話とか。

youlog.ようろぐ。

キャッシュフロー

せどりはキャッシュフローが大事・・・黒字倒産・・・ピンとこない方へ

更新日:

せどり キャッシュフロー

 

 

 

「せどりはキャッシュフローが大事です」

「キャッシュフローを意識しましょう」

 

よく言われてることですよね。でも「わかんない」って人、多いと思います。

 

色んなサイトで説明されてますけど、間違った説明も多いです(笑)

 

なるべく分かりやすく、「正しく」説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュフローを理解するには、利益と収支の違いを理解しよう

 

「キャッシュフロー」をものすごく簡単に言ってしまうと、

 

入ってくるお金 > 出て行くお金

 

要は毎月、これを保てればいいんですよ。

 

ただ、「利益」と「収支」をゴッチャにしがちなので、分かりづらくなってしまうのです。

 

一般的な言葉の意味は、

 

利益 = 売上 ー 売上原価

収支 = 入金 - 出金

 

です。

ちなみに売上原価ってのは、「売れたものの仕入値」です。

 

 

キャッシュフローは、「利益」ではありません。「収支」です。違い、分かりますか?

 

 

「利益計算」は、「売れたもの」について考える数値です。

 

だから、売れた商品だけ見て、

売上ー売上原価ーamazon手数料ー運送費等

くらいの計算をやれば、大体の月の「利益」は計算できます。これはこれで大事です。

 

 

「収支計算」は、「売れたもの」だけでなく、純粋な入出金の計算です。

 

①その月のamazonからの入金

②その月に支払った仕入金額

③その月に支払った運送費等の経費

 

収支=①-②-③

 

こういう計算になります。

 

「売れているのに儲かっている実感が無い」の正体

 

そんなに、難しいことをやっているわけではないですよね?

むしろ、「収支」(キャッシュフロー)は、「家計簿」や「お小遣い帳」と同じ世界です。

 

 

なのに難しく感じてしまう、ピンとこない人が結構多いのは、「利益」と「収支」をごっちゃにしているからなんです。

 

 

「利益は出ているのに、儲かっている実感がない・・・」

 

 

これ、よく聞くフレーズですよね。

 

どうですか?この記事をここまで読んできた後なら、何故なのか、何となくでも説明できませんか?

 

ちょっと、言い換えてみましょう。

「利益は出ているのに、儲かっている実感がない・・・」

→「売れた商品には利益は出ているのに、毎月手元にお金が残らない・・・」

 

 

もう少し言い換えてみます?

 

→「売れた商品には利益は出ているけど、売れ残っている商品があるから、毎月手元にお金が残らない・・・」

 

 

 

え?もっと?('ω')ノ

 

 

→「売れた商品には利益は出ているけど、売れ残っている商品もあるし、継続的に仕入れているから、毎月手元にお金が残らない・・・」

 

 

 

どうですか?「当たり前だろ!!」って話じゃないですか?

 

毎月、手元にお金が残らない。

なぜなら、利益が出ても、その利益分のお金が、在庫に変わっているから。

 

 

これが、「利益は出ているのに、儲かっている実感がない・・・」の正体です。

 

これが良いか悪いかは、在庫の内容によりますね。

 

 

需要がある商品であれば、同じコンディション内の最安値にすれば、自然と売れていきます。

 

それでも利益が出るのであれば、「良い在庫」ですね。

 

そうではなく、需要すらない不良在庫が残っている、というのであれば、仕入れ基準を見直したほうが良いです。

 

「いや、お金も在庫も残ってないんですけど・・」

って人は、計算が間違っているか、単に散在してるだけの可能性が高いです( ゚Д゚)

諸々、見直しましょう。

 

スポンサーリンク

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-キャッシュフロー
-

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.