30何歳サラリーマンの副業せどり実践記です。 月10万円位なら、副業でも誰でも、家から一歩も出なくても稼げます!あとは経理とか、転職の話とか。

youlog.ようろぐ。

未分類

サラリーマン、ときどき、フリーランス。私のせどりスタンス。

更新日:

 

こうして、せどりの情報発信を行っていますが、私は「せどらー」である以前に、本業はサラリーマンです。

 

会社から貰う給料が主たる収入であり、せどりの稼ぎだけでは生活できません。独立したい想いは大いにありますが、それが今の現実です。

 

会社を辞め、せどりを本業にすれば「せどり自体の稼ぎ」は今よりアップし、食い繋げる可能性もあるかもしれませんが、この先もそうする予定は今のところありません。

 

リスクとリターンを秤にかけたときに、割に合わない、と思っているからです。

 

 

もし会社を辞めて、専業になったら?

 

もし会社を辞めて、せどりを本業にしたら、どうなるでしょう。

 

まず、トータルの収入は大きく目減りするでしょう。これはせどりに限らず、会社を辞めて商売を始めるなら、大抵はそうですね。

 

そして何より、せどりは「商品を仕入れて売る」ビジネスです。今のサラリーマンとしての収入を稼ぎ出そうと思ったら、1,000万円くらいの運転資金は必要だと思っています。

 

そうなると当然、銀行から融資を引き出さなければなりませんね。転売を専業としている方達は、皆さんやっていることではあります。

 

商品の売買だけでなく、人に教える「コンサル」も同時に行えば、そこまでの運転資金は必要ないかもしれません。

 

ただ、商品の売買にせよ、コンサルにせよ、継続的な仕事の受注ではないため、商品を売り続ける、コンサル依頼を取り続ける、という必要があります。

 

馬車馬のように働き、何とかそれなりの収入を確保しても、生活費を賄うので精一杯。事業資金は融資頼みであり、手元のお金は思うように増えていかず、プレッシャーとの闘いの日々。

 

やってみなければ分かりませんが、あまり豊かな生活のビジョンは見えていません。

 

スポンサーリンク

 

サラリーマン、ときどき、フリーランス

 

だいぶ暗い話をしましたが(笑)、頭の中お花畑で、「自分ならきっとうまくいく!」という根拠のない自信で独立してしまうのは、大変危険です。

 

成功者は皆、根拠のない自信を少なからず持っているものだと思います。

しかし、根拠のない自信を持っていたから成功したのではありません。

成功した人が、一要素として、根拠のない自信を持っていたに過ぎないと思うのです。

 

少なくとも、副業の収入が本業と同程度にならない限りは、独立しない方が良いケースの方が多いでしょうね。よく言われることですが。

 

 

というわけで・・・今の私が取っているスタンスが、「サラリーマン、ときどき、フリーランス」というわけです。

 

要するに、「サラリーマン本業、せどり副業」ですが、サラリーマンを本業にしつつ、副業でスモールビジネスを行う、というのは、今後ますます主流の働き方になっていくと思います。

 

政府も「働き方改革」の一環として、企業に従業員の副業を容認するよう、働きかけています。

 

終身雇用を保証できる時代ではありませんからね。企業にとっても、悪い流れではありません。大手企業から少しずつですが、副業を認め始めています。ロート製薬は2016年から、従業員の副業を認める発表をし、話題になりました。日産や花王、富士通なども従業員の副業を認めています。

 

「会社の仕事に専念すべき」というのは、もはや過去の考え方です。

優秀な人材は、自分のやりたいことができなければ、退職してしまいます。

単純にその穴埋めが必要なだけでなく、同業他社に引き抜かれてしまったとなれば、さらに大きな損失です。

それならば、と、副業を認め、会社に留まってもらった方が良いに決まっています。副業を認める大手企業には、こうした思惑があるはずです。

 

 

とは言え・・・私自身は、そこまで今の会社に引き留められる存在ではありませんし、副業を解禁するなんて、かなり先の話だろうな、という社風の会社です。

 

サラリーマンやってる方の大半は、私と同じような状況でしょうね。

それでも、政府や会社が状況を用意してくれるまで待っていては、何も始まりません。

 

副業が当たり前の時代になり、自分の会社も副業を解禁したときに、0からスタートするのか。はたまた、すでに副業をスタートしており、大手を振ってできるようになったことで、さらに加速していくのか。

 

そのときが何年後に来るかは分かりませんが、副業として積み重ねた年数が長いほど、その差は計り知れないものとなります。

 

ですから、急に独立はできなくても。

独立するビジョンが、明確に見えなくても。

私は副業を続けていくのです。

 

 

理解してくれる妻に感謝しつつ。(内心は、理解していない?)

 

スポンサーリンク

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-未分類

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.