旅行記

冬の八丈島旅行記① 島寿司だけじゃない!八丈島グルメを堪能した1日目

コロナウイルス騒動の渦中、八丈島に行ってきた。ウイルスから逃れるための旅行ではない。

 

「例年の5倍の予約が入っている」とかニュースで言ってるし。混んでそうじゃん・・勘弁してよ。

そりゃ、旅行先を決めるときに、私もコロナの影響を考えなかったワケじゃないけどさ。(結局、この報道はデマだった)

 

 羽田→八丈島 運休や着陸不可で引き返すことも・・

 

とりあえず羽田→八丈島は順調に運行。それだけでも良しとしよう!

羽田からは八丈島行きが1日3便出ているが、強風で運行を中止することも5%〜10%ある。 こればかりは仕方無いが、次の便に振替等になっても良いよう、余裕を持って旅程を組もう。

飛行機から見えた雲海。 

 

移動手段はレンタカー、軽自動車が最適 

 

走行距離9万kmのボロいワゴンR。島内のレンタカー屋で借りられる軽自動車は、大体似たり寄ったりだ。

社内はホコリっぽく、レンタカー屋のおっさんの接客も島基準でテキトー。マシントラブルさえ無ければ、この際何でもいい。

 奇跡の一枚。実際は相当ボロかった。

 

八丈島は、外周距離が約45㎞。移動だけなら1時間半もあれば島を一周できてしまう。東京で言うと、町田市くらいの広さらしい。

 

ガソリンが島価格で高いし、移動は軽自動車が最適だ!サーフボードを積むわけでもないんだから。

 

 スポンサーリンク

 

大里の玉石垣

 

ってことで出発!最初の目的地は、大里の玉石垣

流人が積み上げたという、見事な玉石垣が続く道。最近まで「ふるさと村」という施設が隣接していたのだが、火事で燃えてしまったらしい・・。http://hatijo.com/asobu/tamaisi.html

首里城と言い、文化財の焼失って多いのかねえ。

 

八丈島の天気は変わりやすく、雨が降り出してしまったので「みはらしの湯」へ。

柔軟に行動できるよう、目的地候補は複数準備しておくといい。 

 

みはらしの湯

 

 

画像出典:https://www.hachijo.gr.jp/八丈島観光協会

 

 ほぼ貸し切り状態で、最高!全裸で太平洋を眺めるのは気分がいい。

 

風呂に入ると小腹も空いて、時刻もちょうどお昼時。

 

八丈ストアのお惣菜

 

何を食べようか・・と悩んだ末、選んだのはこちら。

 

はい、スーパーの総菜です。島民の日常使い、八丈ストアのお惣菜。

 

「スーパーにしては総菜が美味い」らしく、食べログの八丈島ランチランキング10位です。https://tabelog.com/tokyo/A1331/A133101/13164743/東京都心じゃ考えられない。気になるでしょ!

 

あこがれの島寿司・・美味い!アジフライも超肉厚。美味いいいい!

 

確かにスーパーの惣菜にしては、かなりウマイ!特にアジフライは、東京都心の人気店で出てきてもおかしくないレベル・・。

 

腹も満たされたので、次の目的地へ。

スポンサーリンク

 

宇喜多秀家と豪姫の碑 

宇喜多秀家と言えば豊臣五大老の一人で、歴史好きでなくても日本史で何か出てきたなー、くらいの認知度はある大名。

この宇喜多秀家、天下分け目の関ヶ原で徳川率いる東軍に破れ、八丈島へ島流しの刑に。このとき34歳。

 

最愛の妻、豪姫(強そう)を伴うことは許されず、今生の別れとなってしまう。

 

宇喜多秀家が築いた岡山城の築城400周年の1997 年に、秀家が釣りをしていたと伝えられる八丈島の南原海岸に作られたのが、この宇喜多秀家と豪姫の碑

 

400年の時を経て再開した、と思って見ると・・その背中も幸せそうにも、切なくも見えるから不思議。

 

でも、秀家は八丈島へ34歳で流された後、83歳まで生きていた。当時では相当な長寿!

実は流人生活をエンジョイしてたんじゃなかろうか?(笑)五大老だった頃より、ストレスフリーだろうしなあ。

島流しにあったものの、関ヶ原の戦いに参加した有名武将の中で、最も長寿だったのはこの宇喜多秀家である。

27歳で五大老となり栄華を極め、その後は隠遁生活でストレスフリー・・現在のFIREムーブメントの先駆者ですか(笑)

 

 

リードパークリゾート八丈島

 

さて、そろそろホテルへチェックインするか。

 

滞在先はリードパークリゾート八丈島。バブル時代に作られたっぽい外観だが、開業は2015年らしい。

 

 お食事処「通【みち】」

 

ホテルで軽く昼寝した後、ホテルから一番近い飲食店、「通【みち】」にて夕食。https://tabelog.com/tokyo/A1331/A133101/13158710/

 

昼間はネコが店の周りには溢れ、夜は人っ子一人通らない立地で非常に入り辛い、都心ならヤベー店認定されそうな雰囲気の店である。 

 

明日葉天ぷら。てんこ盛りで480円!しかも美味い。明日葉のエグみが全く無く、海苔の天麩羅のよう。幾らでも食べられる。 

刺し身盛り3点1,200円。八丈島は、やっぱり魚が美味い。 

 

島寿司10貫1,200円。八丈ストアの島寿司も美味かったけど、やっぱスーパーのパック寿司とは鮮度が違うわ・・美味い。

 

店の外観はアレだけど、期待以上に美味くて、値段も良心的な良い店でした。

 

さーて、あとはホテルで露天風呂入って、ダラダラして寝ちまおう。八丈島いいとこだなあ。

 

スポンサーリンク

 

 
 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-旅行記

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.