せどり初心者コンテンツ

せどり初心者コンテンツ① ~せどりとは何か?現代のせどりのスタンダード~

更新日:

本棚 せどり

 

以前の記事でも触れていたのですが、少しずつ初心者コンテンツも記事にしていきたいと思います。

 

「せどり」「FBA」などの用語は、他サイトで幾らでも解説していることなのですが、やはり「このブログを見れば全て分かる!」という風にしていきたいですからね。

スポンサーリンク

「せどり」とは何か?

 

さて、「せどり」ですが、wikipediaでは以下の通り定義されています。

 

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。」

 

私も初めて知ったんですが、「競取り、糶取り」なんて漢字が当てられてるんですね。

「競る」「米を選び取る」なんてところから来ているそうですよ。

 

ただ一般的な意味では、

「古本屋を回って、価値のある本を仕入れ、他の店で売り、利ザヤを得る」

行為を指していました。数年前までは。

 

私が初めて「せどり」という言葉を聞いたのは、26歳~27歳のときでしたかねえ。

会社の同僚が、日本史とかにも名前だけ出てくる名家の子孫で、「親父さんとか仕事なにしてんの?」と聞いたんです。

 

そしたらバツが悪そうに、

 

「せどり」

 

と答えたんですね。

 

 

ファ?(*'▽')って感じでしたよ。

名家の子孫が古本売って生計を立てている、というのも面白い話だと思いますが、何はともあれ私はこの時、初めて「せどり」を知りました。

 

そして当時「せどり」と言えば、「古本で利ザヤを取ること」を指す言葉だったんです。

 

 

現代せどりの常識は「Amazon」せどり!!

amazon-distribution-center-01

 

時代は変わりました。

 

今、「せどり」と言えば、本に限らず、CD、DVD、ゲームソフト、家電など、

「全ての転売を総称する言葉」としての意味が一般的になりつつあります。

 

 

そして自分でリサイクルショップに売りにいくのではなく、Amazonに出品して販売する、「Amazonせどり」がもはや常識です。

 

 

Amazonで売ってる商品って、全部「Amazonが売っている」と思い込んでいる人、まだ結構多いんですよね。

 

仕組みとして、

 

① 出品者  → Amazon → 消費者

② Amazon → 消費者

 

のいずれかであり、せどりをやる人達は、①の出品者として、Amazonに出品、Amazonを通して消費者に販売しているので、そう思うのも無理はないんです。

 

実際にはAmazonが一切売っていない商品も、多々あります(^-^;

 

要するにAmazonは「場」を提供しつつ、出品者から場代として手数料を貰い、自社もその「場」で販売する、ということをやっているんですね。

 

そしてその「場」というのが、「Amazonマーケットプレイス」呼ばれるものです。

聞いたことないですか?

 

次回はこのAmazonマーケットプレイス、ここで販売するということについて、お話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-せどり初心者コンテンツ

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.