30何歳サラリーマンの副業せどり実践記です。 月10万円位なら、副業でも誰でも、家から一歩も出なくても稼げます!あとは経理とか、転職の話とか。

youlog.ようろぐ。

ふるさと納税

ふるさと納税はお得?仕組みと手続き、おすすめ特産品を解説。税金の使い道は自分で決めよう!

更新日:

ふるさと納税

 

今さらながら、やってみました「ふるさと納税」

テレビや雑誌でも良く特集されているので、認知度は高いですよね。

でも実際に「利用した」という方は、周りでもあまり聞かないんじゃないでしょうか。(そもそもそんな話題にならない、という人も多いですよね)

なぜ、これだけ話題になっているのに、皆が皆、利用しないのか?

 

 

結局やらない人が多いのは、面倒そうなイメージと、お得感が分かりづらいから。

 

①確定申告や所定の手続が必要、と聞いて面倒に感じる。

 

まずこれだけで、大分ふるいにかけられます。

 

 

②確定申告等の手続はやっても良いと思うが、自分が幾らまでなら寄付できるのか?本当にお得なのか?が良く分からない。

 

そうこうしているうちに、年月が経ち、やらなくなります。

 

 

③確定申告等の手続もやるし、仕組みも理解したが、応援したい自治体も、欲しい特産品や優待もない。

 

これは仕方ないですけどね。

 

 

何を隠そう、この①~③のステップは、どれも私も経てきたことです(笑)

 

それでもなお、やろう!と思ったのは、「ふるさと納税」がよりお得に、より使いやすくなったからです。

フツーのサラリーマンであれば、確定申告をしなくても、制度を利用できるようになっています。

 

 

ふるさと納税の仕組み。実は納税ではなく寄付。生まれ故郷である必要はなし!

 

「ふるさと納税」は俗称であり、これが制度に取っ付きやすくしている一方、理解を妨げている面もあると感じます。

実態は、「住民税の付け替え」です。

 

正式には、「住民税の寄附金税額控除」という制度であり、自分が応援したい自治体への寄付行為なんですね。

今住んでいる自治体へ支払うはずだった翌年の住民税を、任意の自治体へ寄付するんです。

 

その寄付した住民税は、確定申告その他の手続を行えば徴収されない。

で、寄付をしてもらった自治体は、お礼に特産品や優待券を送ると。

寄付をする自治体は、生まれ故郷である等、自分のゆかりの地である必要はありません。自由に選べます。

 

 

ただし、「ふるさと納税」した金額の全額が、翌年の住民税からマイナスできるわけではありません。

必ず2,000円は自己負担が生じます。

例:ふるさと納税額        100,000円

    翌年の住民税からマイナス      △98,000円

   自己負担             2,000円

 

トータルでは、10万円自治体へ寄付しても、98,000円税金からマイナスされるので、残るのは2,000円の負担と、貰えた特産品ですね。

 

これが、よく言われる「2,000円で特産品を貰っちゃおう!」ってヤツです。

 

「特産品 - 手続の手間 - 2,000円の負担 > 0 」と感じるなら、やる価値アリ!と言えますね。

(特産品にどれ程の価値を感じるか、確定申告をどれ程手間と感じるか、は個人差があるので、その人次第にはなってしまいます)

 

PAK85_kakuteishinkokupen20140312231341_TP_V

利用できる金額の上限

 

上で書いたように、「ふるさと納税」は「住民税の付け替え」です。

 

と、言うことは・・?

「自分の納める住民税を超えては、利用できない」

ってことなんですよ。

 

 

年間15万円住民税を納めている人が、100万円「ふるさと納税」しました。

自己負担2,000円なので、998,000円かえってきます。 (*'▽')ワーイ

 

そんなはずがないですよね。 (゚Д゚;)ガーン

 

 

実際には色々複雑な計算があり、それをマスターしても仕方がないので割愛しますが、

以下のシミュレーターで、ご自身の年収額から、自己負担2,000円で済む「ふるさと納税額」の限度を探ってみてください。

http://www.satofull.jp/static/calculation02.php#sim_content

 

こちらでおおよそのご自身の「ふるさと納税限度額」を探って頂き、その範囲内で余裕をもって行うのがよいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

条件を満たせば、実は確定申告も不要です。

 

2015年4月1日以後に行われる(た)「ふるさと納税」については、確定申告をしなくても、制度を利用できるようになりました。

これを「ふるさと納税ワンストップ特例制度」と言います。(他にネーミング無かったんですかね)

但し、以下の条件付きです。

 

① 確定申告の不要な給与所得者であること(要はフツーのサラリーマン。年収2000万超えてたり、医療費控除を使うなら、確定申告は必須です)

② 「ふるさと納税」をした自治体へ「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出すること

③ 1年間に「ふるさと納税」をした自治体が5箇所以内であること

 

これらを満たしていれば、自治体の方で手続をやってくれるので、確定申告をしなくても「ふるさと納税」制度の恩恵を受けることができます。

 

 

ふるさと納税 まとめサイト

 

 

「ふるさと納税」は、以下のサイトに各自治体の特産品付でまとめられています。

この3サイトで十分です。

 

(さとふる)

http://www.satofull.jp/?utm_source=valuecomme&utm_medium=affiliate

 

(ふるさとチョイス)

http://www.furusato-tax.jp/

 

(ふるなび)

https://gp.furunavi.jp/

 

このうち「ふるなび」については、以前に紹介したポイントサイト、ハピタスを経由することが可能です。

(ハピタス紹介記事)

http://wp.me/p77b1V-20

寄付でポイントが付くという。もはや意味不明です。

 

それぞれのサイト限定、みたいなのもあるので、人気の特産品中心に、見比べてみることをオススメします。

 

 

私が選んだ特産品

 

最後に、私が選んだ特産品を紹介します。

 

① 牛の里ビーフハンバーグ110g×10個、特製ソースの詰合せ

(寄付金額 10,000円 北海道白老町)

http://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1002891

12011413_565d2c6cbcc8a12011413_565d2c97b1cf6

フツーに焼肉用の牛肉にしようか、とも思ったんですが。

400gとか500gとか、少しボリュームが少ないかな、というのと、

「焼肉は店で食べるもの」「ハンバーグなら家で焼いても変わらなそう」という、妻の言葉に後押しされました。

ちなみに記事執筆時点で、人気ランキング2位の品です。

 

 

② 北海道産無着色たらこ(500g) 北のハイグレード食品+2015認定商品

(寄付金額 5,000円 北海道鹿部町)

http://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1003556

04221142_57198fae7b9d1

 

5,000円の寄付額で、これはお得じゃないでしょうか。

5,000円でお店に売ってても、違和感無い感じ。

完全無添加、完全無着色。スーパーのたらことは全然違って、食べるとビックリ!だそうです。

記事執筆時点で、人気ランキング12位の品です。

 

到着を楽しみに待っているところです。

届いて食したら、またレポートしま~す。

 

youchin

スポンサーリンク

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-ふるさと納税

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.