登山

【伊豆ヶ岳縦走】正丸峠〜伊豆ヶ岳→子の権現【851m 2022/1/22】

2022年2回目の登山は、埼玉県秩父の伊豆ヶ岳へ。

伊豆ヶ岳単体ではモノ足りないので、全長14.5kmの縦走コースを歩く。

コース全体像。

妻にはキツいかなあ、と思ったが、陣馬山〜高尾山縦走や三つ峠山(1,785m)もこなしてきているので、イケると判断。

冬は日没も早いので、朝早く出るのは本当に大事。

5時過ぎに起床、6時に家を出る。まだ外は暗い。

西武池袋線、特急ラビュー号。

池袋駅にて、特急ラビュー号が出発5分前でホームに居たので、予定には無かったが飛び乗る。

飯能までなので、特急でも急行でも、実は大差ない。

いいんです、体験を買うんです。

あっという間に飯能駅に到着。西武秩父線に乗り換え、正丸駅へ。

西武秩父鉄道。昔のライオンズカラーがいい。

8:30正丸駅着。

正丸駅売店は、令和3年9月をもって閉店。
自販機のみ使用可。

駅から15分ほど車道を進むと、登山道に入る。

正丸峠に至るまでの道は概ね歩きやすいが、沢沿いで凍結も所々にアリ。

奥村茶屋直前のキツい階段を登ると、正丸峠に到着。

奥村茶屋。paypay使用可。

奥村茶屋テラス席は実に良い休憩場所。

天皇陛下ご展望記念碑。
1955年、1964年に訪れたことを記念して、2006年に記念碑を作るのは、どういう事情なんだろう。

奥村茶屋で休憩後、出発。

正丸峠→伊豆ヶ岳は、平坦な道も多くとても歩きやすい。

途中小高山(720m)も経由し、スイスイ進んでいく。

このような歩きやすい道が続く。
小高山。伊豆ヶ岳まで1.1km。
吾野まで11kmは見なかったことにしよう。
伊豆ヶ岳名物、男坂の50mの鎖場へ至る道。

伊豆ヶ岳と言えば男坂の鎖場だが、落石や滑落の危険もあり、登攀は推奨されていない。

禁止ではないが、登る人は自己責任でよろしく、というワケだ。

ここは謙虚に、女坂ルートを選ぶとしよう。

たが、女坂も崩落しており現在は通行禁止。

女坂に至るルートの隣に、新たなルートが設けられており、それが「関東ふれあいの道」公認ルートのようである。

この道も急登でなかなかキツいが、これを登りきれば、頂上はすぐそこ。

11:10頂上到着!

頂上は座れる岩なんかもあり、数組が休憩していた。

冬はガスバーナーを使って暖かいものを飲み食いしている人を見ると、羨ましくなる。

いつかは買うかな。

なぜ埼玉県の山で、アイヌ語説が出るのだろう?
サラッと「死骸でできた山」と書いてある。

頂上で30分ほど休憩し、先を目指す。

すぐに古御岳に到着。伊豆ヶ岳の頂上が混んでいるときは、ここで休憩してもいいね。

ナローノとは、「楢生の」らしい。
その名の通り、昔は楢が多く生える山だったそうな。
なぜカタカナで表記した。

ナローノ高畑山を越え、ネコ型鉄塔へ。

天目指峠までの道が長い。

伊豆ヶ岳→天目指峠が想像以上に長かったが、ようやく到着。

この時点で大体14時。車道に出ると安心する。

この看板の指す子の権現方向の道は、通行禁止のロープが張られていた。

子の権現に通ずる道は、分かりにくいが東屋脇の登り階段。

写真左の東屋脇に登り階段がある。

滑りやすい下り道が多く、時間と体力を奪われる。

山の厳しさを知りつつ、ゆとりある心を持てと。
矛盾するようでしていない。

天目指峠→子の権現も、なかなかに長い。

このあたりまで来ると、さすがに疲れを感じる。

健脚向けコースと言われるワケだね。

ついに…
子の権現に到着!

15:30頃、子の権現に到着。やっと着いたー。

鉄ワラジ、紅白のゲタを見て満足。

さて日も暮れるし、帰りましょう。

しかし、ここからがまた長い。

子の権現→西吾野駅は1時間20分ほどかかる。

車道とは言え、疲れたカラダには大分キツイ。

しかし、妻も大分登れる&歩けるようになったものだ。

ガイドブックで「中級」「ハード」と書かれているコースも、こなせるようになってきた。

高尾山でリタイアしていた頃から考えると、目覚ましい進歩である。

17:30 西吾野駅到着。

帰りは電車も接続良く、爆睡したりしているうちに、あっという間に都心へ。なんか食って帰ろう。

登山後の達成感に浸りつつ、美味いものを食う。こういうことができる日常に、幸せを感じる。

知る人ぞ知る店のつけ麺。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-登山

Copyright© youlog.ようろぐ。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.